ガジェットまみれ生活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェットまみれ生活

オッサンエンジニアの備忘録。 ネットで調べたけどそのままでは上手くいかなかったりとか、前例がなかったりで少々ハマッたり楽しかった事を綴るブログ。デジモノだけじゃなくノージャンルで思ったことや経験を発信する。

Lenovo M73にIO DATAの4Kディスプレイを繋いでみた

Lenovo ThinkCentre M73 Tiny(type 10AX)にI-O DATAの4Kディスプレイ(LCD-M4K281XB-A)をつなげるのに少々苦労した話のまとめ。

 

購入

M73はDisplayPort出力で4K出力に対応していること、BICカメラで在庫処分で格安税抜39,800円で販売していたので購入。M73が付属品のようにモニターの足にピッタリ収まりイイ感じ。電源ボタンは押しにくいけど、Alt+Pでキーボードから電源ONできるので気にしない。

f:id:motodefy:20160402142228j:plain

 

 

 

画面でないよ

古いディスプレイとデュアルで接続してみるが一向に4Kディスプレイ側に画像が表示できない。しばらく調べるとintelのディスプレイドライバが最新じゃないとDisplayPort接続はうまくいかない事があるとの事でDriver UpdateしてWindowsの画面は出力できるようになった。音も勝手にディスプレイに内蔵のスピーカーから出るようになって感激。

しかしBIOS画面、Windows起動中画面は表示できず。省電力モードになってディスプレイがオフになるとブラウザやアプリのウィンドウが1024x768サイズに縮小されてしまうのでちょっと不便。IO DATAのサポートに問い合わせて見たが、2回のやり取りでBIOSを最新にして下さいとの回答。まぁ、やっぱりそうだよね、面倒だからやりたくなかったんだけど。

BIOSアプデ

まずは自分のM73のBIOSバージョンとモデルを確認する。BIOS画面が見えないとお話にならないのでVGAケーブルで接続、M73側のDisplayPortケーブルは抜いておく。F1キー連打でBIOS画面へ。Main->System SummaryからMachine Type and Model, BIOS Revision Levelを確認(写真はupdate後なので最新Rev)

f:id:motodefy:20160402142400j:plain


最新のBIOSLenovoのサポートページからダウンロード。モデルやマシンタイプが違う人は「M73 BIOS 10AX」などのキーワードでgoogleさんで検索すれば出てくるはず。

必要なファイルは2つ、2016/3/28時点のバージョンはFXKT64A

  • フラッシュUEFI BIOS アップデート反(Flash版) exe 5.4MB(一番上の行、fhjy64usa.exe)  
  • Windows BIOSセッティングツール exe 473.2KB(一番下の行、fhjw64usa.exe)
ダウンロードしたらそれぞれexeを実行するとC:\SWTOOLS\FLASH下にディレクトリが出来て必要なファイルが展開される。


念のため現状設定を確認

あとで困らないように現状のBIOS設定をダウンロードしたツールでTEXT出力
  1. コマンドプロンプトを管理者権限でひらく 
  2. cd \SWTOOLS\FLASH\FHJW64USA
  3. CFGWIN.exe /c /path:適当なファイル名.txt
  4. 一応中身をずらっと確認


実際のUPDATE

BIOSの画面が見えないと困るのでVGA接続&DisplayPortは抜いた状態で行う
  1. コマンドプロンプトを管理者権限でひらく 
  2. cd \SWTOOLS\FLASH\FHJY64USA  ←さっきと少し違うヨ!
  3. Flash.cmdを実行しばらく待つ
  4. Would you like to update the Serial Number? ←nで応答
  5. Would you like to update the Machine Type and Model? ←nで応答

    f:id:motodefy:20160402142613j:plain

  6. 勝手に再起動してBIOS風画面でupdateが終わるのを待つ

    f:id:motodefy:20160402142724j:plain

  7. もう一度勝手に再起動するのでF1キー連打でBIOS画面で念のため更新を確認

あれ?やっぱりBIOS画面でないけど・・・ orz
さてどうしたもんか。

 

 

 

レノボサポートに電話した

そこはもうメーカーさんに確認するしかないのでサポートに電話したら、結構親切対応で翌日までには調査結果を回答くれるとの返事。そもそもDisplayPortからのBIOS出力に対応しているのかと、BIOS設定推奨値があるのかを調査してもらった。

 

結果、M73 TinyはDisplayPort接続で相手が4KモニタだとBIOS画面は出ないとのこと。4Kより低い解像度のモニタであれば大丈夫だが、現時点ではスミマセンと謝られてしまった。まぁBIOSなんてそうそう変更しないしVGAケーブルでつなげば良いから我慢しましょう。設定見たいだけなら上で紹介したCFGWIN.exe動かせばいいだけだし、治らない事がわかってスッキリした。

 

省電力の件はOSの問題との助言をいただいたので調査したらレジストリの設定変更で解決できた。こっちは地味に面倒だったのでこれが解決しただけでも問い合わせてよかった。レジストリエディタを起動してHKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\GraphicsDrivers\Configuration\SIMULATED_XX\00にあるPrimSurfSize.cxを1024→3840、PrimSurfSize.cyを768→2160に変更。もう一つ下の枝の00にあるActiveSize.cxとActiveSize.cyも同じ値に変更。これで面倒なウィンドウリサイズ地獄ともおさらば。

f:id:motodefy:20160330123039p:plain

 

こちらのblogを参考にさせてもらいました。