ガジェットまみれ生活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェットまみれ生活

オッサンエンジニアの備忘録。 ネットで調べたけどそのままでは上手くいかなかったりとか、前例がなかったりで少々ハマッたり楽しかった事を綴るブログ。デジモノだけじゃなくノージャンルで思ったことや経験を発信する。

廃棄寸前のスピニングバイクと初期投資500円でZwift体験

Zwiftって聞いたことあるだろうか?

 

まぁ最近まで私も聞いたことなかったんだが、バーチャルの世界で自転車のトレーニングができるオンラインゲームみたいなノリのものらしい。ボチボチとtwitterfacebookで見かけるようになってきたのでとりあえずオフィシャルの紹介ビデオを見てみたら、これがカッコいいし面白そう。

 


 

真面目に走りに行くには結構時間が必要だし、かといって室内トレーニングは退屈だ。でもZwiftなら1時間程度のちょいトレが楽しくできそうな予感。さっそく無償トライアルを体験すべく必要機材のチェック。最低限必要なのは以下の3点セット。

  1. それなりに新しいPC (Win or Mac
  2. 何等かの室内用サイクルトレーナー
  3. スピード、ケイデンス、心拍、パワーなどのセンサーと受信機

 

各々の詳しいスペックは公式サイトに譲るが、PCはここ5年くらいの間に新品で購入したものなら多分大丈夫だろうし、センサーも普段自転車に使っているものがそのまま使える。受信機はセンサーがANT+ならUSBドングルを買えばいいだけだし、bluetoothならiPhoneにアプリを入れるだけでいい。

 

問題はサイクルトレーナーだが、仕組み上はペダルが漕げてタイヤが回ってスピードセンサーが反応すれば、あとはZwiftがzPowerという仮想の出力パワーを算出してゲーム内の自分を動かしてくれるハズだ。最近出番のほとんどない安物のスピニングバイクにもう一度活躍の場を与えよう。

f:id:motodefy:20160413210110j:plain

 

 

 

センサーステイをDIY

お金かけてすぐに飽きてもイヤなので、スピード&ケイデンスセンサーを取り付けるステイを自作してトライアルをして見る事にする。もちろんパワーセンサーなんて高級なものは持っているワケがない。材料は手元にあった塩ビのパイプとホームセンターで探しあてた「立管バンド」なるパイプステーと汎用ステーを組み合わせてこんな感じに。

f:id:motodefy:20160413211006j:plain

 

計測用のマグネットは100均で売ってる超小型の強力マグネットをタイヤの外周部とクランクの先っぽにつけて両方のセンサーが正しく動作する事を確認。トータル500円以下で検証環境のH/W作成終了。

 

 

 

Zwiftのセットアップ

まず最初にPCにZwiftのソフトをインストールしないといけない。公式ページの無償トライアルボタンを押してダウンロードしたZwiftSetup.exeを管理者権限で実行するだけ。現時点では全部英語だけどポチポチとNextボタンを押すだけなので何の問題もない。セットアップ画面はどうせすぐに変更になるので割愛。初回起動時はアップデートにかなり時間がかかるので、この間にユーザー登録を済ませる。こんな画面で出てくるので必要な項目を埋めてアップデートが終わればアプリが起動する。体重とかは後でも変えられるので適当に登録して大丈夫。

f:id:motodefy:20160413213241p:plain

 

起動すると簡単なチュートリアルが表示される。ANT+ドングルが見つからなければその旨表示が出てセンサーの設定画面に進む。とりあえずiPhonebluetoothセンサーを使うつもりなので、ここは一旦PCのアプリケーションはこのまま放置。多分ANT+のドングルを使う人はこのままペア出来ちゃうんだと思う。

f:id:motodefy:20160413214603p:plain

 

iPhoneApp StoreをZwiftで検索してアプリを入れたら、先ほど作成したアカウントのメールとパスワードでログインする。このときiPhonebluetoothはONにしておく。しばらくするとPC左上にあるモバイルっぽいアイコンがグレー→白に変わってiPhoneとPCのアプリがお互いを認識した状態になる。

f:id:motodefy:20160413224500p:plain

 

ここまできたらセンサーのペアが出来る。Speed Sendor + Classic TrainerでSearchを押してWahoo BlueSCが表示されたら選択してOK。

f:id:motodefy:20160413224823p:plain

 

続けてサイクルトレーナーの選択画面になるので、目いっぱい下までスクロールしてotherを選択してOKでスピード&ケイデンスの設定は完了。もちろん自分の持ってるトレーナーがリストにあればそれを選択すれば良い。

f:id:motodefy:20160413225120p:plain

 

心拍も同様にして追加すればOK。準備完了、さあ、いよいよ体験ライドへ・・・

f:id:motodefy:20160413225907p:plain

 

と思ったけど、長くなったので続きは別ブログで。

 

 

掟破りのスマホ0円運用 So-netの0simを試してみる

IIJサポートからのメールをボーっと見ていたら、知らないうちにファミリーシェアプランのSIM枚数が10枚まで追加可能になっていて、しかも今キャンペーンでSIM追加手数料がいつもの半額の1000円というので「どれ1枚追加すっか」という事でHPへ申込みに。

 

 

 

が、よく見ると4枚目以降は発行手数料だけじゃなくて月々400円のランニングがかかる。現状3枚は自分のメインiPhone、嫁のメインXPERIA、ほぼwi-fi運用のGalaxy TABで使用。最近なんとなく昔のXPERIAやHTCの端末を使う事もあってTABのSIMを抜いて使っていたので、4枚あるならあった方がイイ。でも400円払ってまで欲しくない。

 

 

 

だったらもっと安いSIM探せばいい

さっそく月額400円以下のSIMをネットで検索。まぁさすがに難しいだろうと思ったら驚いたことに月額299円からのFREETELと、月額0円!からのSo-netがヒット。So-netあのソネットが月額0円?!タダ?どういうこと?と思いながらもHPへ。

 


 

500MBまでなら無料、それ以上使っても100MB=100円程度の追加料金で最大でも1600円。TABに差しておけば間違っても500MBも使う事はないしさっそく申込み。ついでなので2枚欲しいと思ったがさすがにひとり1枚まで。まぁ10枚もてたら5GBまで無料で使える事になっちゃうから当たり前か。

 

申込み画面でふと気になって開いてみた重要事項説明書の、これまたふと眺めてみた最後のページに以下の文字を発見。

初期費用 3,000円(税抜)
※販売店等にてSIMカードが組み込まれた商品パッケージを購入された場合には発生しません。

 初期費用たけーな、あわてずに販売店探すか。と思って検索したが見つからない。そのかわりに出てくるのは0 SIMがおまけについた「デジモノステーション2016/2号」のサイトばかり。雑誌をヤフオクで探すもSIMはないものばかり。ヤケクソで「0sim」で検索したらアニメのイベントで配布したらしきモノが1500円程度でちらほら。ちょうど使い道を悩んでいた期間限定のT-POINTがあったので1800円送料込で即決。いい買い物した。

 

開通期限が2016/4/26までなのでヤフオクで手に入れたい人は急げ!

 

 

開通の儀式

即決してすぐさまかんたん決済で支払したら当日中に発送してもらえたので翌日には手元に届いた。パッケージはこんな感じでNANO SIM。使いたい機材はMICROなのでアダプターにかませて装着。電話番号が070スタートのdocomo SIMは初めてみた。

f:id:motodefy:20160407180753j:plain f:id:motodefy:20160407181012j:plain

 

携帯にSIMを差したら台紙の裏に書いてある通りにAPNの設定。まだ通信はできない。iPhoneに関する記載はないので今のところandroid限定なのか?

参考:0 SIM APN設定

名前:so-net

APN:so-net.jp

ユーザー名:nuro

パスワード:nuro

認証方式:PAPまたはCHAP

 

 

 

アクティベーションのためにサイトにアクセス。スマホからは入力が面倒なのでPCでOK。まずは先ほどのSIMの裏にあった電話番号とパスワードを入力して次画面へ。

f:id:motodefy:20160407182227p:plain

 

流れを画面で確認してアクティベーションへで次画面へ進む。

f:id:motodefy:20160407182056p:plain

 

料金など確認して名前、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報を入力。規約に同意するにチェックを入れて決定で次画面へ。

f:id:motodefy:20160407182420p:plain

f:id:motodefy:20160407182427p:plain

 

支払に使うクレジットカード情報を登録して決定で次画面へ進むと、個人情報と支払情報の確認画面が表示されるので確定すれば登録は完了。

f:id:motodefy:20160407182431p:plain

f:id:motodefy:20160407182436p:plain

 

すぐにSIMを差しておいたスマホで通信が可能になった。んー、でもちゃんとした有料の回線と比べると随分通信が遅かったりと不安定っぽい。メインには使えないかも。

f:id:motodefy:20160407183152j:plain

 

一応400MBまで使用すると登録したメールアドレスに連絡が来るらしいが、気になる人は3G watchdogでも入れて450MBあたりを上限に監視しておけば安心でしょ。

 

 

Wahoo FitnessのサイクルコンピュータRFLKTが秀逸

本格的にチャリに乗っている人のサイクルコンピュータってほとんどがGARMIN製だけど、みんなあんな高いモノが良く買えるな。ここ何年かはスマホがあれば色んなデータが取れるのでスマホをステム回りに固定して使っている人も見かけるけど、コケたら壊れるし電池はもたないしチョイ乗りにしか使えないところが痛い。

 

 

 

RFLKTってナニ?

簡単に言えばスマホの情報をを外部の小型モニタとして表示するための装置。スマホ本体とRFLKTとの接続はBluetooth LEで、自分が購入した2014/3時点ではiPhoneのみサポートだったが今はandroidも機種によりサポートしてる。軽いし防水だし炎天下でも表示は見やすいし、スマホ本体は安全な場所にしまって予備バッテリーも繋げる。そして何よりも値段が1万5千程度と安い。

f:id:motodefy:20160402152443j:plain

 

心拍、スピード、ケイデンスのセンサーをまとめて買うとオトクなキャンペーンだったのでBT通信のセンサー一式そろえて約1万円。スピード+ケイデンスで1個のセンサーなので自転車を変える時でもあまり手間がかからない。RFLKT用のマウントも複数付属しているのも嬉しい。手持ちのANT+センサーを活かしたいならちょっと高いけどRFLKT+を買えばいい。

 

使い勝手イイよ

買ったばかりの頃はiOSのバージョンアップのたびにペアリングできなくなったり、あるボタンを押すと画面が真っ白になったりと使い物にならない感があったが、最近はすっかり安定して使えている。iPhone 5c本体だけではさすがに7時間ほどしか電池はもたないが、小型の予備バッテリーとつないでおけば朝から晩までのサイクリングにも対応できる。

 

 

 

対応アプリは2016/4現在の公式HP情報でRide with GPS、Wafoo Fitness(公式)、Cyclemeter GPS、Map My Ride、Strava Running and Cycling、Map My Fitnessの6アプリ。自分が普段使っているRunKeeperとは直接対応していないが、公式アプリから情報をアップロード出来るのであまり不便はしていない。公式アプリが認証済みのサイトはAppleのヘルスケア、Nike+、Garmin Connect、TrainingPeaks、Magellan、2Peak、MyFitnessPal、dailymile、CyclingAnaliticsとDropbox。画面イメージはこんな感じ。

f:id:motodefy:20160402181603p:plain f:id:motodefy:20160402182047p:plain f:id:motodefy:20160402182146p:plain

 

f:id:motodefy:20160402181715p:plain f:id:motodefy:20160402181522p:plain

 

 公式アプリでは画面の配置やボタン機能の変更が可能。自分が見たい情報だけを集めて表示することが出来るので使い勝手が良い。メイン画面→設定→Cycling→RFLKT設定と入っていくと表示項目やボタンの設定画面があらわれる。※RFLKT設定はそのスポーツにリンク済のセンサーとしてRFLKTが設定されている場合のみメニューが存在する。

f:id:motodefy:20160402182303p:plain f:id:motodefy:20160402182558p:plain

 

画面の項目の変更はそのエリアをタップすれば設定可能な値が表示されるので好きなものを指定すれば良い。ページの追加は右側にある「+」をタップするとある程度用途ごとに作成されている雛形か、フィールドだけが分割されている空白のテンプレートを使用する。削除はiPhoneのタスクkill同様に不要ページで上フリックすれば良い。

f:id:motodefy:20160402183242p:plain f:id:motodefy:20160402183316p:plain f:id:motodefy:20160402183348p:plain

 

ボタンの設定も同様で4つあるボタンに好きな機能を割り当てる事ができる。

f:id:motodefy:20160402183907p:plain f:id:motodefy:20160402184258p:plain

 

Lenovo M73にIO DATAの4Kディスプレイを繋いでみた

Lenovo ThinkCentre M73 Tiny(type 10AX)にI-O DATAの4Kディスプレイ(LCD-M4K281XB-A)をつなげるのに少々苦労した話のまとめ。

 

購入

M73はDisplayPort出力で4K出力に対応していること、BICカメラで在庫処分で格安税抜39,800円で販売していたので購入。M73が付属品のようにモニターの足にピッタリ収まりイイ感じ。電源ボタンは押しにくいけど、Alt+Pでキーボードから電源ONできるので気にしない。

f:id:motodefy:20160402142228j:plain

 

 

 

画面でないよ

古いディスプレイとデュアルで接続してみるが一向に4Kディスプレイ側に画像が表示できない。しばらく調べるとintelのディスプレイドライバが最新じゃないとDisplayPort接続はうまくいかない事があるとの事でDriver UpdateしてWindowsの画面は出力できるようになった。音も勝手にディスプレイに内蔵のスピーカーから出るようになって感激。

しかしBIOS画面、Windows起動中画面は表示できず。省電力モードになってディスプレイがオフになるとブラウザやアプリのウィンドウが1024x768サイズに縮小されてしまうのでちょっと不便。IO DATAのサポートに問い合わせて見たが、2回のやり取りでBIOSを最新にして下さいとの回答。まぁ、やっぱりそうだよね、面倒だからやりたくなかったんだけど。

BIOSアプデ

まずは自分のM73のBIOSバージョンとモデルを確認する。BIOS画面が見えないとお話にならないのでVGAケーブルで接続、M73側のDisplayPortケーブルは抜いておく。F1キー連打でBIOS画面へ。Main->System SummaryからMachine Type and Model, BIOS Revision Levelを確認(写真はupdate後なので最新Rev)

f:id:motodefy:20160402142400j:plain


最新のBIOSLenovoのサポートページからダウンロード。モデルやマシンタイプが違う人は「M73 BIOS 10AX」などのキーワードでgoogleさんで検索すれば出てくるはず。

必要なファイルは2つ、2016/3/28時点のバージョンはFXKT64A

  • フラッシュUEFI BIOS アップデート反(Flash版) exe 5.4MB(一番上の行、fhjy64usa.exe)  
  • Windows BIOSセッティングツール exe 473.2KB(一番下の行、fhjw64usa.exe)
ダウンロードしたらそれぞれexeを実行するとC:\SWTOOLS\FLASH下にディレクトリが出来て必要なファイルが展開される。


念のため現状設定を確認

あとで困らないように現状のBIOS設定をダウンロードしたツールでTEXT出力
  1. コマンドプロンプトを管理者権限でひらく 
  2. cd \SWTOOLS\FLASH\FHJW64USA
  3. CFGWIN.exe /c /path:適当なファイル名.txt
  4. 一応中身をずらっと確認


実際のUPDATE

BIOSの画面が見えないと困るのでVGA接続&DisplayPortは抜いた状態で行う
  1. コマンドプロンプトを管理者権限でひらく 
  2. cd \SWTOOLS\FLASH\FHJY64USA  ←さっきと少し違うヨ!
  3. Flash.cmdを実行しばらく待つ
  4. Would you like to update the Serial Number? ←nで応答
  5. Would you like to update the Machine Type and Model? ←nで応答

    f:id:motodefy:20160402142613j:plain

  6. 勝手に再起動してBIOS風画面でupdateが終わるのを待つ

    f:id:motodefy:20160402142724j:plain

  7. もう一度勝手に再起動するのでF1キー連打でBIOS画面で念のため更新を確認

あれ?やっぱりBIOS画面でないけど・・・ orz
さてどうしたもんか。

 

 

 

レノボサポートに電話した

そこはもうメーカーさんに確認するしかないのでサポートに電話したら、結構親切対応で翌日までには調査結果を回答くれるとの返事。そもそもDisplayPortからのBIOS出力に対応しているのかと、BIOS設定推奨値があるのかを調査してもらった。

 

結果、M73 TinyはDisplayPort接続で相手が4KモニタだとBIOS画面は出ないとのこと。4Kより低い解像度のモニタであれば大丈夫だが、現時点ではスミマセンと謝られてしまった。まぁBIOSなんてそうそう変更しないしVGAケーブルでつなげば良いから我慢しましょう。設定見たいだけなら上で紹介したCFGWIN.exe動かせばいいだけだし、治らない事がわかってスッキリした。

 

省電力の件はOSの問題との助言をいただいたので調査したらレジストリの設定変更で解決できた。こっちは地味に面倒だったのでこれが解決しただけでも問い合わせてよかった。レジストリエディタを起動してHKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\GraphicsDrivers\Configuration\SIMULATED_XX\00にあるPrimSurfSize.cxを1024→3840、PrimSurfSize.cyを768→2160に変更。もう一つ下の枝の00にあるActiveSize.cxとActiveSize.cyも同じ値に変更。これで面倒なウィンドウリサイズ地獄ともおさらば。

f:id:motodefy:20160330123039p:plain

 

こちらのblogを参考にさせてもらいました。